長所、短所シリーズ その1

今回の活動が終わるのが多分11月ころになるので「長所・短所シリーズ」とシリーズ物にしてその第一弾で今の所の感想をお届けします。(最後にゃ感想も変わってくるとおもいますが)

 

長所

オリジナルワイゼンボーンの1927年製を完コピしている

オリジナルの完コピしているルシアー3人(トニーフランシス、AUNDERWOOD, Florian Chateu)の中では、唯一emailでまともにやり取りできる。(2018年春現在

ルシアーとしては若く、動きが早い。また情熱を感じる

納期(最短5ヶ月)、価格がリーズナブルである。

彼はフランス人ですが英語でのコミュニケーションは全く問題なし

塗装がオリジナルモデルと同じ且つ艶のあるシェラック塗装(個人の好みですが) 塗装はオリジナル以上との評価もある。

音がキンキンしすぎていない(これも個人の好みです)

材の購入までお金の支払はない。 ここ2−3日、ポンドやユーロがぐんぐん下がっている。近い将来、ユーロで買い物をする私には大変喜ばしいことだが、なぜ?

アジアンメイドとかネットに頻繁に広告を出し、出来合いのカタログ販売で手広く商売しているルシアーではなく、客の意向を素直に聞いて作品に取り入れ一つ一つゆっくり完成させていく姿勢がとても良い。

短所

日本では無名で情報もまったくない。

なので、信頼して全てお任せ っというわけに行かない。フランス人と日本人の感性の違いもあると思う。

気に入った材を入手するまで半年でも1年でも待とう!というスタンスではないようだ。(かと言って、すぐにでも作ろうという強制は全く感じない。「だめ」といえば「分かった」となる。)

 

材の選び方に若干の非効率さを感じた。

これ、どう?ー>だめー>じゃあこれは?ー>だめ  っとえらく直線的。まあ、裏を返せばこういう良い意味での手際の悪さもいいのかも。カタログ見せられて、はいこれって手際良くサクサク進められても「いいのかなあ?これで」と疑問が残るはず。

まあ、この辺の塩梅、計算してやっているわけではないと思いますが。

 

Tony FlancisとFlorian Chateu

前述のTony FlancisとFlorian Chateuのワイゼンボーンを弾き比べたいといっていたのは、どうもフランスでルーツ・ロックを売りにして活動しているバンドのギターの人のよう。

 

FBのビデオを見るとルーツ・ロックでも結構気合の入ったバンドのよう。ドラムとかウオッシュボード(洗濯板)だし。

 

で、どうだったか聞いてみると「まだ、比較する機会が無いんだ」と。「でも、Florianの作品はTonyの作品よりいいとは思わないが、同等かそれに準ずると思うよ。多分。少し安いしね」っと言ってました。

 

おい!   比較してねえんか。

MANDATORY EVACUATION

なんかギターブログから火山情報ブログになってますが......

これ、5/20の15時位にサンケイの速報に入ってたもの。

https://mobile.twitter.com/i/web/status/998068843447816192

 

また、こちらも。

viva-drone.com

 

これBBCのビデオのページ

 

www.bbc.com

 

こらあ、想像以上だなあ。 当分だめかもしれんね。ガックリ⤵

おれのKOAは溶岩の中で燃えてしまったんだろうか!

 

ロゴ

さあ、本題に戻って。

彼のFBが更新され、新たに作ったのであろうウクレレが登場しています。

ウクレレには虎目がない方がいいなあ」とか「う~ん、最近のウクレレはサイドにもサウンドホールがあるのか。演奏者に音が聞こえるようにかな?ホコリとか汗入んない?」などと勝手に思いながら写真を見てますとロゴマークの写真が。

 

f:id:esquire1951:20180520092016p:plainおっ、いいじゃんこれ!

オリジナル・ワイゼンボーンのロゴのイメージがあるのかこういうシンプルな焼印ロゴがいい。

オリジナルワイゼンボーンも量産前はハーマン・ワイゼンボーンさんの肖像写真入りのラベルだったそうですが、量産に入ってからは簡略化され焼印になってますね。。

 

これ、使えないかFlorianに頼んでみよう。って、まだ作成も始まってませんが。

ちなみにワイゼンボーンギター用デフォルトのロゴはこれ。

f:id:esquire1951:20180520093059p:plain

 

膝の上に乗っけて弾くのでロゴが常に目に入るから、気に入ったロゴの方がいいですよね。

デフォルトロゴもきらいじゃないんですが、シンプルな方がいいなあと。

 

 

 

 

 

余談 その1

キラウエア火山の噴火が収束するどころか、いまだ爆発的噴火だそうで、材の入手がのびのびになってます。

 

blogをはじめたものとしてこの間、記事を何も書かないのは辛い。

ということで余談を1つ。

 

もう30年くらい前、僕らのバンドが練習場所としてた楽器屋兼スタジオが有りました。そこのオーナー店長に聞いた話です。

店長、いつものように店番してるとお客が。 なんと腕が片方だけ。

スライドバーを物色。おもむろに飾ってあるギターを膝の上に横に寝せギターを弾きはじめた。決して上手いとはいえない。 ゆっくりしたテンポで弾いていきます。

中指と薬指でバーをはさみ、親指と人差し指で弦を弾く。

 

店長の目の前で起こったことです。

時々思い出すんですよ、この話。

噴火の影響

全然連絡が来ないのはやっぱり噴火の影響っぽいです。

Florianからは昨日、サプライヤーにメールを出してるそうですが、まだ返事はないそうです。

Florian曰くどこで生きてるのか全くわからないそうです。

でも「君にパーフェクトなセットを手に入れる。お金の支払はそれから」だそうです。

サプライヤーの無事を祈るとともに今後も良質なKOAを供給できることを願ってます。

 

メールにはいづれにしろサプライヤーから連絡があればすぐ連絡すると書いてあります。

 

まあ5月中に連絡あればいいなあ で、満足できる材が手に入るのは6月中くらいに考えときます。 No need to hurry. Take it easy.です。

 

このブログの最後にFlorian Chateu に注文を出してよかったこと、残念だったことを書く予定で、事あるごとに書き溜めているのですが、残念だった点に入手する部材の程度がいまいちというのがすでに上がってます。

数は少ないですが、過去の作品を写真やビデオを見たかぎり全く心配してなかったのですが、実際コンタクトを取ってみると「う~ん」となる場合もちらほら。

前記事のSTYLE1.5もそうです。

フランス人と日本人の感性の差なのでしょうか。それだけじゃない気がするなあ。

 

まあ、まだ若いルシアーだからなあ。力不足な部分もあると思います。

あのTony Francisも初期の作品はトラブルが多くすすめられないなあ という意見もあります。この人はFlorianとTony の作品を比べたいと掲示板に書いてました。(結果が書いてない!)

 

FlorianのFBで

最新作というWEISSENBORNが公開されました。

ちなみに彼のフェイスブックこちら

 

 

STYLE1.5というからTeardropなのかと思ったらSTYLE1のロゼッタ(サウンドホールの周りの飾り)がロープバインディングなHourglassシェイプなやつでした。ISEMANのWEISSENBORNみたいですね。

 

外見上、パーツやシェイプはオリジナルの完コピに見えるので非常に良いのですが、この個体もTOP、サウンドホールの上辺りにくっきりと幅3cmくらいの横線が入っていて、木目だけはあまり好みじゃないです。

フランス人と日本人の感性の差なんでしょうか?

f:id:esquire1951:20180513160302p:plain写真は彼のフェイスブックから拝借しました。